疾患記事

疾患記事 > 咽頭疾患 > 長引く咳の診断・治療について

長引く咳の診断・治療について

「咳がなかなか止まらない」、「咳で夜も眠れない」ということで、耳鼻科を受診される方が近ごろ増えています。そもそも咳は気道に混入した異物を外に出そうとする防御反応ですので無理に止めないほうがいいのですが、症状がひどいときや経過が長いときには、咳の原因をよく調べたうえで、症状を緩和する方法を考えなければなりません。

一般に気道に炎症が生じると、異物を感知するセンサーが過敏になって咳が出やすい状態になるので、ホコリや温度変化など、ちょっとしたことでも咳き込むようになります。さらに、気道の表面は粘液で常に潤されており、気道に侵入したウイルスや細菌は、この粘液にからめ取られて排出されるようになっています。気道が乾燥すると、粘液の粘り気が増して痰のからみがひどくなるとともに、気道の過敏性も増すと言われていますので、咳や痰が出るときには「部屋の湿度を上げる」、「飴を舐める」、「マスクをする」、「水分を頻回に補給する」等をして気道を潤すことが必要です。

咳を生じる疾患には多くのものがありますが、一般に発症から3週間未満のものを急性咳嗽と言い、風邪、急性咽喉頭炎、急性気管支炎、インフルエンザなどが主な原因になります。これらの疾患であれば、多くの場合、耳鼻科でも対応が可能です。一方、3週間以上続くものを遷延性咳嗽、8週間以上続くものを慢性咳嗽といい、咳喘息、アトピー咳嗽、副鼻腔気管支症候群、百日咳、肺炎クラミジア、マイコプラズマ、逆流性食道炎、慢性気管支炎が主な原因と言われています。これら「長引く咳」の診断治療に対しては、日本呼吸器学会が2005年にガイドラインを作成しており、診断の第一ステップとして「胸部レントゲン」と「胸部身体所見」を挙げています。これは、咳の原因として気道の異物や肺癌、結核の他、心臓の病気などが隠れている可能性があるからです。耳鼻科は鼻と喉を直接診ることができる診療科ですが、残念ながら多くの耳鼻科診療所では聴診器による呼吸音の検査や胸部レントゲン検査を行うことはできません。したがって、「長引く咳」でお困りの場合には、まず内科を受診されるのが良いと思います。

内科で検査したにもかかわらず、なかなか改善しない遷延性・慢性咳嗽の場合には耳鼻科でも「治療的診断」をすることがあります。ガイドラインでは、痰がからむ咳の場合には「副鼻腔気管支症候群」を疑い、鼻の状態を確認した後、処置を行ったり、去痰剤やマクロライド系などの抗菌薬を投与して反応を見るように提案されていますが、副鼻腔炎の治療については、内科より耳鼻科のほうが慣れていると思います。

他方、痰のからみの少ない乾性咳嗽の場合には、まず気管支拡張剤を投与し、有効であれば「咳喘息」と考えて気管支拡張剤とステロイド薬で経過を見ることになっています。さらに、気管支拡張剤が無効な場合には「アトピー咳嗽」の可能性を考え、抗ヒスタミン薬とステロイド薬を投与して様子を見ることが推奨されています。また、高血圧の薬などの副作用で咳が続く場合もありますので、内服中の薬のチェックも必要です。

耳鼻咽喉科いのうえクリニック

〒168-0074
東京都杉並区上高井戸1-8-4
京王線八幡山駅前「Toya BLDG.3」4階
TEL:03-3329-8733

スマートフォン・iPhone用QRコード

平日の夜は7時まで診療

診療時間 日・祝
午前 
9:30 ~ 12:30
(受付は12:25まで)
午後 
3:00 ~ 7:00
(受付は6:55まで)

初診の方の受付は診療時間終了の15分前まで、再診の方は5分前までにお願いいたします。

土曜日の午後も診療

土曜日の午後の診療は3:00 ~ 5:00 (受付は4:55まで) となります。

◎休診日◎木曜日、日曜祝日

1)初診時と毎月の月初めには必ず保険証をお持ちください。また、保険証に変更があった場合は必ずお知らせください。
2)クレジットカードはご利用いただけません。
3)お薬手帳をお持ちの方はご持参ください。

問診票ダウンロード
PDFファイル99KB

八幡山駅徒歩1分

最寄駅:京王線八幡山駅から徒歩1分。
駐車場はありません。
コインパーキングが近くにあります。

「Toya BLDG.3」4階

1,335の疾患・症状とジェネリックを含む治療薬を網羅したオンライン教科書「今日の臨床サポ ート」中で「聴神経腫瘍」の記事を執筆しています。
https://clinicalsup.jp/