疾患記事

疾患記事 > 咽頭疾患 > プール熱と流行性角結膜炎

プール熱(咽頭結膜炎)と流行性角結膜炎

夏になると流行する疾患のひとつとして「咽頭結膜炎」があります。突然38-40度の発熱を生じるとともに、咽頭の痛み、眼の充血、目ヤニなどを伴ってくるのが特徴です。さらに、その他の症状として頭痛、腹痛、下痢のほか、頸のリンパ腺が腫れたりすることもあります。また数日間、発熱と解熱を繰り返すことがあるため、「夏のインフルエンザ」と呼ぶ人もいます。乳幼児に多い病気ですが、稀に大人も発症します。

アデノウイルス(主に3型、4型)というウイルスが原因とされており、患者さんのくしゃみ等からの飛沫のほか、タオルや食器を共用することでも感染します。特に保育園や幼稚園のプールで感染することが知られ、そのため「プール熱」の名前があります。
アデノウイルスは感染力が非常に強く、口、鼻、のど、眼から体の中に侵入し、4-5日の潜伏期間の後に発症します。インフルエンザウイルスと違ってアデノウイルスに対しては有効な薬がないことから、治療は熱や痛みに対する対症療法が中心になります。通常、1週間程度で症状は落ち着きますが、熱が下がっても体内にウイルスがいるため、早くに症状が落ち着いたとしても、その後2日間は保育園や幼稚園に行ってはいけない決まりになっています。
感染を予防する方法としては、「手を良く洗うこと」、「手で目をこすったりしないこと」、「タオル、洗面器、食器の共用を避けること」、「休養を良く取って体力を落とさないようにすること」、などがあげられます。

一方、同じアデノウイルス(主に8型)の感染によって、特に目に強い症状を起こす疾患として「流行性角結膜炎」があります。高熱を出すことはあまり多くありませんが、非常に高い感染力を持ち、集団感染をおこすことから「はやり眼」とも言われています。そのため、他の人へ感染を起こす可能性がなくなるまで、登園、登校は禁止となります(大人でも会社への出勤は禁止されますので、万が一、私が感染した場合にはクリニックは休診せざるを得ません)。眼の充血、ひどい目ヤニ、まぶたの腫れが生じ、角膜の炎症が強いと失明する可能性もありますので、この病気が疑われた場合には、すぐに眼科を受診するようにして下さい。

これらの他、アデノウイルスが原因になる病気としては、肺炎(主に3型、7型、21型)、出血性膀胱炎(主に11型)、急性濾胞性結膜炎(主に1~4型、6型、7型)、胃腸炎(主に31型、40型、41型)などがあります。いずれにしても、アデノウイルスに対しては特効薬がないことから、体調を整え、手指の清潔を保つなど、予防対策をしっかりしましょう。

耳鼻咽喉科いのうえクリニック

〒168-0074
東京都杉並区上高井戸1-8-4
京王線八幡山駅前「Toya BLDG.3」4階
TEL:03-3329-8733

スマートフォン・iPhone用QRコード

平日の夜は7時まで診療

診療時間 日・祝
午前 
9:30 ~ 12:30
(受付は12:25まで)
午後 
3:00 ~ 7:00
(受付は6:55まで)

初診の方の受付は診療時間終了の15分前まで、再診の方は5分前までにお願いいたします。

土曜日の午後も診療

土曜日の午後の診療は3:00 ~ 5:00 (受付は4:55まで) となります。

◎休診日◎木曜日、日曜祝日

1)初診時と毎月の月初めには必ず保険証をお持ちください。また、保険証に変更があった場合は必ずお知らせください。
2)クレジットカードはご利用いただけません。
3)お薬手帳をお持ちの方はご持参ください。

問診票ダウンロード
PDFファイル99KB

八幡山駅徒歩1分

最寄駅:京王線八幡山駅から徒歩1分。
駐車場はありません。
コインパーキングが近くにあります。

「Toya BLDG.3」4階

1,335の疾患・症状とジェネリックを含む治療薬を網羅したオンライン教科書「今日の臨床サポ ート」中で「聴神経腫瘍」の記事を執筆しています。
https://clinicalsup.jp/

耳鼻咽喉科いのうえクリニックの求人を医療介護求人サイト「ジョブメドレー」に掲載中!
日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー