疾患記事

疾患記事 > その他疾患 > 耳鼻科の病気と漢方薬

耳鼻科の病気と漢方薬

漢方薬というと、何となく体にやさしいような気がする反面、西洋薬に比較して効き目が悪いイメージがあります。また、保険診療ができずに、高額な治療であるという誤解もあるようです(少なくとも病院で処方される漢方薬は保険適応です)。副作用が出るなどの理由で西洋薬が身体に合わない、西洋薬を飲んでいるが効果が今一つである、といったような場合に漢方薬を試してみると案外短期間で症状が改善することがあります。一方で、漢方薬にも副作用はあります。例えば葛根湯の成分である麻黄は胃腸障害を生じ、甘草は電解質バランスを崩して血圧を上げる作用があるなど、体質によっては使用できないことがありますし、西洋薬と同様に薬疹を生じることもあります。また、粉末状で飲みづらく、食間服用なので飲み忘れるという話も聞きますので、生活習慣に合わせてうまく内服していただければと思います。以下に耳鼻科で用いる代表的な漢方薬をご紹介します。

風邪に対する漢方薬

一般的に、風邪はウイルスが原因で起きる疾患ですので、抗生物質は効きません。いわゆる風邪薬というのは解熱鎮痛剤や鼻水止めなどが混じったものですので、今ある症状をいかに楽にするかという意味では西洋薬と漢方薬にそれほど違いはありません。さて、風邪の際に用いる漢方薬として有名なものに「葛根湯」がありますが、熱が高く、寒気や関節痛が強い時(インフルエンザなどの場合)には「麻黄湯」、虚弱体質の方の微熱、倦怠感には「麻黄附子細辛湯」、頭重感があり、のぼせて汗ばむ感じの時には「桂枝湯」といったように、同じ風邪でも体質や症状によって使い分けるのが一般的です。さらに、鼻水が主体の場合にはアレルギー性鼻炎にも使われる「小青竜湯」、扁桃炎などで咽喉の痛みが強い時には「小柴胡湯加桔梗石膏」が効くとされています。一方、これらの薬には胃腸障害の副作用があるので、小青竜湯の代わりに「苓甘妾味辛夏仁湯」、小柴胡湯加桔梗石膏の代わりに「柴胡桂枝湯」を処方することもあります。また、風邪の後にカラ咳が続くときには「麦門冬蕩」、痰がからむ咳の時には「五虎湯」や「竹茹温胆湯」が良いようです。

めまいに対する漢方薬

耳鼻科で治療するめまいにもいろいろなものがありますが、めまいを起こす代表的な疾患であるメニエール病に対しては「苓桂朮甘湯」、「五苓散」といった漢方薬が奏効する場合があります。さらに自律神経の調節障害によるめまいには「真武湯」や「半夏白朮天痲湯」などが使われます。

耳鳴に対する漢方薬

耳鳴の多くは薬剤に抵抗を示すことが多いのですが、時に漢方薬が症状を緩和させる場合があります。「釣藤散」は脳血管性認知症などにも使用される漢方で、血圧がやや高めの人の耳鳴りに処方されます。逆に虚弱体質で、口の渇きや冷え症を伴うような方の耳鳴には「八味地黄丸」や「牛車腎気丸」が適応とされています。さらに、虚弱体質でイライラや不眠、頭痛などに伴う耳鳴の場合には「抑肝散」が効果を示すことがあります。

耳鼻咽喉科いのうえクリニック

〒168-0074
東京都杉並区上高井戸1-8-4
京王線八幡山駅前「Toya BLDG.3」4階
TEL:03-3329-8733

スマートフォン・iPhone用QRコード

平日の夜は7時まで診療

診療時間 日・祝
午前 
9:30 ~ 12:30
(受付は12:25まで)
午後 
3:00 ~ 7:00
(受付は6:55まで)

初診の方の受付は診療時間終了の15分前まで、再診の方は5分前までにお願いいたします。

土曜日の午後も診療

土曜日の午後の診療は3:00 ~ 5:00 (受付は4:55まで) となります。

◎休診日◎木曜日、日曜祝日

1)初診時と毎月の月初めには必ず保険証をお持ちください。また、保険証に変更があった場合は必ずお知らせください。
2)クレジットカードはご利用いただけません。
3)お薬手帳をお持ちの方はご持参ください。

問診票ダウンロード
PDFファイル99KB

八幡山駅徒歩1分

最寄駅:京王線八幡山駅から徒歩1分。
駐車場はありません。
コインパーキングが近くにあります。

「Toya BLDG.3」4階

1,335の疾患・症状とジェネリックを含む治療薬を網羅したオンライン教科書「今日の臨床サポ ート」中で「聴神経腫瘍」の記事を執筆しています。
https://clinicalsup.jp/