疾患記事

疾患記事 > 鼻疾患 > 花粉症とレーザー手術

花粉症とレーザー手術

くしゃみ、鼻ミズ、鼻づまりを生じるアレルギー性鼻炎は我が国の国民病の一つと言われるほど、多くの方が苦労している疾患です(私の家族も全員アレルギー性鼻炎です)。一般に春先に飛ぶスギの花粉によって生じるアレルギー性鼻炎のことを「花粉症」と呼んでいますが、スギの花粉の他にもヒノキやシラカバ、イネ科の雑草(夏に多い)、キク科の雑草(秋に多い)の花粉、家の中のホコリ(ハウスダスト)やダニ、イヌやネコのフケ、カビの胞子など、さまざまなものがアレルギー性鼻炎を引き起こします。

アレルギー性鼻炎かどうかを診断するためにはいくつかの方法がありますが、何に対するアレルギーであるのかを明らかにするためには血液検査や皮内反応、誘発反応を行う必要があります(当院では主に血液検査を行っています)。一方、鼻水を綿棒で拭い、その中に好酸球という細胞があるかどうかを見ることで、アレルギーによる鼻水なのか風邪によるものなのかを判定することもできます。

 アレルギー性鼻炎の根本的な治療法は、アレルギー体質そのものを変える「免疫(減感作)療法」です。昨年から、スギの花粉とダニのアレルギーに対して、これらのエキスを舌の下に入れて1-2分間なめることで、従来の注射による免疫療法と同じ効果が得られる治療が当院でもできるようになりました。しかしながら、効果が出るのには毎日、2-3年はこれらの薬をなめ続けなければなりません。

そこで多くの場合、アレルギー性鼻炎の症状を対症的に抑える抗アレルギー剤の内服や点鼻薬が使われることになりますが、これらの薬によっても症状が軽快しない方や、妊娠などのために薬を飲みたくないという方もいらっしゃいます。当院ではそのような方のために、レーザーを用いた下甲介焼灼術を行っています。所要時間は30-40分で、ほとんど痛みを感じない手術ですので、アレルギー性鼻炎でお困りの方は一度ご相談ください(中学生くらいから可能です)。ただし、症状が出始めてからの手術は効果が低いばかりでなく、場合によっては症状がひどくなりますので、レーザーを希望される場合には少なくとも年末までには施行されるようにお勧めします。

耳鼻咽喉科いのうえクリニック

〒168-0074
東京都杉並区上高井戸1-8-4
京王線八幡山駅前「Toya BLDG.3」4階
TEL:03-3329-8733

スマートフォン・iPhone用QRコード

平日の夜は7時まで診療

診療時間 日・祝
午前 
9:30 ~ 12:30
(受付は12:25まで)
午後 
3:00 ~ 7:00
(受付は6:55まで)

初診の方の受付は診療時間終了の15分前まで、再診の方は5分前までにお願いいたします。

土曜日の午後も診療

土曜日の午後の診療は3:00 ~ 5:00 (受付は4:55まで) となります。

◎休診日◎木曜日、日曜祝日

1)初診時と毎月の月初めには必ず保険証をお持ちください。また、保険証に変更があった場合は必ずお知らせください。
2)クレジットカードはご利用いただけません。
3)お薬手帳をお持ちの方はご持参ください。

問診票ダウンロード
PDFファイル99KB

八幡山駅徒歩1分

最寄駅:京王線八幡山駅から徒歩1分。
駐車場はありません。
コインパーキングが近くにあります。

「Toya BLDG.3」4階

1,335の疾患・症状とジェネリックを含む治療薬を網羅したオンライン教科書「今日の臨床サポ ート」中で「聴神経腫瘍」の記事を執筆しています。
https://clinicalsup.jp/

耳鼻咽喉科いのうえクリニックの求人を医療介護求人サイト「ジョブメドレー」に掲載中!
日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー